サイクルサッカーとは

■サイクルサッカーとは

サイクルサッカーとは名前の通り自転車に乗ってサッカーをする競技です。

 

 

ボールはハンドボールと同じくらいのサイズのものを使います。

自転車は競技専用の自転車があり、ボールは自転車の前輪を振ることによってボールを弾きます。コートの大きさはバスケットボールコート程度(7m×14m)で、2対2で試合を行います。

 

ポジションにはフォワードとキーパーがあります。

キーパーはペナルティエリア内でゴールを守るポジションですが、フォワードはサッカーのポジションとは違い、フィールドでディフェンスをするポジションです。

 

攻撃をする際にはフォワードもキーパーも関係なく2人で攻撃をします。試合時間は7分ハーフです。

 

その他、サッカーに似たルールも多く存在します。詳しくはYouTubeでサイクルサッカーと検索してみてください。

■競技内容・ルール

試合時間

前半7分→休憩2分→後半7分

 

試合方法

主審のコイントス、または、ジャンケン等で選考チームを決め、センターマーク上に

置かれたボールを、主審の合図(ホィッル)で先攻側の1人がボールをキックして

プレーが始まります。手はハンドル、足はペダルから離してプレーしてはいけません。

但し、自陣のペナルティーエリア内に前後輪とも入っているときは、キーパーとして

自由に手が使え、パンチングやキャッチもできます(但し、2人同時に入ると反則と

なります)。また、転倒または足がペダルから離れて床に着くと、落車と見なされ、

プレーを続けると反則となります。その他のルールは普通のサッカーとほぼ同じです。

 

競技資格の回復

落車した選手は、自陣のエンドラインまで後退し、ライン外の床へ車輪を出すことで再びプレーに戻ることができます。

 

反則となる行為

特に難しいものはなく、相手を押す、押さえる、危険な行為、大声を出す、などが反則となります。

 

フリーキック

ペナルティーエリア外での反則に対して相手側に与えられる。その場合、反則をとられたチームの競技者は、ボールから4m以上離れていなければならない。

 

ペナルティーキック

次のような重大な反則に対して課せられ、反則を受けたチームがペナルティマークに置かれたボールをシュートし直接ゴールを狙うキック(フォーメーターキックとも言います)。
1. 自陣のペナルティーエリア内で反則を行ったとき。
2. 自陣のペナルティーエリア外でも重大な反則を起こしたとき(自転車から離れて相手のプレーを妨害、ボール制する、或は、自転車を投げつけるなどの危険な行為)。

コーナーキック

普通のサッカーとほぼ同様に行われますが、コートがフェンスで囲まれているためボールを置く位置が若干異なります。

大阪大学サイクリング部

サイクルサッカー班

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now